CM音楽制作、商品の魅力を伝える

CM音楽制作、商品の魅力を伝える

異なる国、異なる地域で放映されるテレビコマーシャルでは、たとえば言葉の使い方であったり、味の好みであったり、さまざまな文化的背景を考慮して制作することが重要です。日本でも関東と関西では、同一商品であっても味付けが異なることが多いことはよく知られています。そのため、CMも地域に合わせて複数のバージョンを作ることは当たり前のようになっています。
 
CMは、映像と音楽、ナレーションなどの要素が調和し、見る人にメッセージを伝えなければなりません。音楽のCMにおける大きな役割は、ずばりキャッチーであることでしょう。
 
キャッチーとは、耳になじみやすいということです。このキャッチーな音楽は、商品やサービスの魅力といった要素をのせて、人々の耳に届きます。一度イメージ作りをしてしまえば、その後も長い間にわたり威力を発揮するキャッチーなCM音楽には、インターネットが主流になった今でも、莫大な広告効果、イメージアップ効果があります。
 
キャッチーなCM音楽は、しばしば莫大な金をプロデューサーにもたらします。しかし、このビジネスに身を置く者は、激しいコンペティションを避けることはできません。大企業からの発注をコンスタントに受け続けることのできる企業などほとんどありません。
 
インターネット広告は、年を追うごとにそのシェアを伸ばしています。ただ、インターネットユーザーの多くは、動画の途中で割り込んでくる広告に辟易としており、しばしばアドブロッカーなどでブロックされています。
 
テレビの視聴者数は減っているといっても、老若男女、幅広い年齢層の人々が今も視聴しています。テレビCMは、家庭において、ただテレビが点けっぱなしの状態であっても、アピールできます。その役割を担っているのがCM音楽でしょう。
 

ただテレビを点けっぱなしにしている家庭にもアピールするCM音楽

テレビをただ点けっぱなしにしている家庭は多いものです。朝の忙しい時間、夕飯時、むかしむかしはラジオがこの役割をしていましたが、現在、この役割を多くの家庭で果たしているのがテレビです。このようにテレビを時計やラジオ代わりに使っている家庭は多いものです。誰も見ていませんが、キッチンからはまな板をトントンやる音が聞こえてきたり、パンが焦げる香ばしい匂いが漂ってきたりするかもしれません。
 
こんな状況でもCMは音声でアピールすることができます。ジャパネットの高田社長の声につられてテレビの前に行ってしまった経験はありませんか?CM音楽は高田社長級のはたらきをします。
 
CM音楽は、本来、映像やナレーションとの相乗効果で魅力を伝えますが、もちろん単体でも仕事ができます。キャッチーなメロディー、わかりやすいコード進行、つい口ずさんでしまう歌詞。これらが台所にいるお母さんを無意識のうちに魅了しているのです。
 
レコーディング

音源・BGM・CM音楽制作会社

マスタリング

ミキシング

グランドピアノ・スタインウェイ 中古